村井 正美

読売中高生新聞編集長

大学卒業後、読売新聞社に入社。6年間の金沢勤務を経て、社会部。警視庁、文部科学省などの記者クラブで、事件や教育問題などを幅広く取材。東京都庁記者クラブでは、キャップとして、猪瀬知事、舛添知事を担当した。2015年12月から読売中高生新聞編集長。「10代にリアルに役立つ新聞」を目指し、ニュース、エンタメ、学習など、内容盛りだくさん紙面を毎週金曜日にお届けしています。